第44回ギャラクシー賞上期入賞作品

<2006年4月1日〜9月30日>


 ◆テレビ部門 <入賞決定作品>

断罪の核心〜元裁判長が語る水俣病事件 (テレビ熊本)

消える産声〜産科病棟で何が起きているのか (中京テレビ放送)

もぎたてテレビ70 第735回「屋根付き橋の里〜新緑の河辺を行こう」
 (南海放送)

かっちゃん〜還暦越えのロックンローラー (琉球放送)

ETV特集「もういちどつくりたい〜テレビドキュメンタリスト木村栄文の世界」 (日本放送協会)

NHKスペシャル「ワーキングプア〜働いても働いても豊かになれない」
 (日本放送協会)

ハイビジョン特集「取り残された民衆〜元関東軍兵士と開拓団家族の証言」 (日本放送協会 NHKエンタープライズ テムジン)


 ◆ラジオ部門 <入賞候補作品>

さてはトコトン菊水丸 (毎日放送)

報道スペシャル「夢叶う日まで〜割りばし事故は問いかける」
 (ニッポン放送)

YBSラジオスペシャル「沈黙のラジオ〜聞こえてくる“間”のチカラ」
 (山梨放送)

特集・伝説を走り続ける歌声〜石原裕次郎レコードデビュー50年
 (日本放送協会)

ラジオ文芸館「蝶」 (日本放送協会)

震災復興キャンペーン〜心に太陽を (エフエムとおかまち)

約束〜ユエイエン (北海道放送)

伊集院光 日曜日の秘密基地〜突撃!インタビューマン・スペシャル
 (TBSラジオ&コミュニケーションズ)


 ◆CM部門 <入賞候補作品>

NTTドコモ R&Dインフォマーシャル シリーズ「ウェアラブル・ケータイ篇」「ワイヤレス充電篇」「音のバーコード篇」
 (NTTドコモ オブザアイ NTTアド 博報堂)

大塚製薬 ファイブミニ「体内怪人対決」 (大塚製薬 葵プロモーション 博報堂)
サントリー BOSS シリーズ「宇宙人ジョーンズ・登場篇」「宇宙人ジョーンズ・工場篇」「宇宙人ジョーンズ・ディスカウントストア篇」
 (サントリー 東北新社 シンガタ ワンスカイ 電通)

シチズン時計 企業「Starting Over」
 (シチズン時計 ザ・ないん TUGBOAT 大広)

中央酪農会議 「牛乳に相談だ。」キャンペーン シリーズ「ラブレター篇」「ライオン篇」「チョーク篇」 (中央酪農会議 電通テック 電通)

Green Film Project「八月の虹」 (電通 東北新社)

日本民間放送連盟 CMのCMキャンペーン「CMって何?」
 (日本民間放送連盟 葵プロモーション 電通)

パール写真「立ち寄りたくなる写真屋さん」 (パール写真 中部日本放送)

広島平和文化センター Peace Hiroshima「腕時計」
 (広島平和文化センター 東北新社 J.ウォルター・トンプソンジャパン)

福岡ソフトバンクホークスマーケティング コーチな人々 シリーズ「松中篇」「新垣篇」「川崎篇」
 (福岡ソフトバンクホークスマーケティング ビデオステーションキュー アサツー ディ・ケイ)

福岡ソフトバンクホークスマーケティング 倍返し シリーズ「選手篇」「ファン篇」
 (福岡ソフトバンクホークスマーケティング ビデオステーションキュー アサツー ディ・ケイ)

マイクロソフト 企業 Peaple Ready Business「宣言篇」
 (マイクロソフト エムワンプロダクション マッキャンエリクソン)

ミエライス 企業「配達」
 (ミエライス シースリーフィルム名古屋支社 電通中部支社/関西支社)


 ◆報道活動部門 <入賞候補作品>

KSBスーパーJチャンネル「ガソリン吹きこぼれ事故」にかかる一連の報道 (瀬戸内海放送)

イチオシ!「衝撃シリーズ・生活保護の実態」 (北海道テレビ放送)

「検証・同和行政」キャンペーン (毎日放送)

シリーズ企画「月刊地震ファイル」の放送、および映像教材「ビジュアル版幸せ運ぼう」の制作 (讀賣テレビ放送)


※テレビ、ラジオは放送日順、CMは企業名順、報道活動は申込社50音順に記載。

■テレビ部門は以上の7本の選定作品と下期選定作品(2006年10月1日〜2007年3月31日放送分)を合わせた中から、ギャラクシー大賞1本、ギャラクシー優秀賞3本、ギャラクシー選奨10本(予定)が選出されます。
■ラジオ部門は以上の8本の候補作品と下期候補作品(本数未定)を合わせた中から、ギャラクシーラジオ大賞1本、ギャラクシーラジオ優秀賞3本、ギャラクシーラジオ選奨4本、ギャラクシーラジオ奨励賞が選出されます。
■CM部門は以上の13本の候補作品と下期候補作品(本数未定)を合わせた中から、ギャラクシーCM大賞1本、ギャラクシーCM優秀賞2本、ギャラクシーCM選奨10本、ギャラクシーCM奨励賞が選出されます。
■報道活動部門は以上の4本の候補作品と下期候補作品(本数未定)を合わせた中から、ギャラクシー報道活動大賞1本、ギャラクシー報道活動優秀賞(本数未定)、ギャラクシー報道活動選奨(本数未定)、ギャラクシー報道活動奨励賞が選出されます。
■いずれも最終選考結果は、2007年6月上旬の『第44回ギャラクシー賞贈賞式』で発表されます。