会報(2006年)


















 

ほうこん2006年1月号

来年3月15日にシンポジウム2006を開催!
―11月理事会報告―

11月30日、理事会を開催。

◆「GALAC」編集について
 2月号(1月6日発行)の表紙に、近藤真彦を起用。
 3月号の特集は、プロレスからK1まで、格闘技のソフトについて。表紙は、江守徹。

◆ギャラクシー賞上期について
 入賞作品が決定し、11月18日に入賞作品一覧表を放送記者クラブなどに送付した。
 (詳細は「GALAC」2006年1月号に掲載)

◆シンポジウム2006について
 「放送の新サービスと文化」をテーマとして、企画がかたまった。

  • 日時 2006年3月15日(水)午後1時〜6時(従来、終日開催だったが、半日とする)
  • 場所 ホテルルポール麹町・麹町会館(千代田区平河町)


  •  基調講演は、「デジタル時代の放送文化」と題し、文化庁長官河合隼雄氏が決定した。
     内容は、ケーススタデイとして「ブロードバンドと放送」。講演は「デジタルラジオ本放送開始へ」。パネルディスカッション「テレビ・1セグ放送前夜」を予定。
     講師、会費など詳細を2005年12月中に決めて、2006年1月より受講者の参加を幅広く呼びかけていく。

    ◆ホームページ刷新について
     プロジェクトチーム(兼高聖雄座長)により、今までのホームページから大幅な改定が完成した。12月6日より更新。(会員ページで、ご自身のプロフィールをご確認ください)

    ◆第8回NAB東京セッションに後援することを承認した。

    ◆田村秀敏さんの退会を承認した。

    ◆次回理事会は、12月20日(火)午後6時より。
    [出席]志賀、田代、小田桐、隈部、篠原、嶋田、深川


    「Webほうこん」12月6日リニューアル開設!

    当会ホームページ「Webほうこん」(http://www.houkon.jp/)のリニューアルが完成し、12月6日に開設の運びとなりました。ぜひアクセスしてください。まだまだ不完全な部分もあります。ご要望や、改良点などのご意見をお待ちしています。よろしくお願いいたします。(事務局)





    第5回「日韓中テレビ制作者フォーラム」NHKBSでの放送日、決まる!

     去る10月23日、「日韓中テレビ制作者フォーラム」において行われたシンポジウムの模様が収録されNHK・BS2で放送される。

  • 放送日 12月27日(火)午後5時30分〜(54分間)
  • 番組タイトル BSフォーラム
  • チャンネル 衛星第2(BS2)
  • テーマ 「人の繋がりが、作品を生み、交流を呼ぶ」
  • コーディネーター 今野勉(テレビマンユニオン)
  • パネリスト 鄭英雄(組織委員会常任委員長)、村上雅通(熊本放送)、中山和記(共同テレビ)、リ・ヒュンミン(元KBS PD)、王占海(中国電視芸術家協会)


  •  日韓中にまたがる諸問題を乗り越え、テレビプロデューサー同士の連携を強めよう、と議論が盛り上がりました。どうそご覧ください。


    会議記録

    [11月]
    7日 選奨・ラジオ定例部会
    18日 出版編集委員会
    29日 テレビ月評会
    30日 理事会
     
    更新:2008/7/31



    プライバシーポリシーこのサイトについてお問い合わせ/MAP