会報(2007年)


















 

ほうこん2007年8月号

NPO法人として第3回総会終わる!

◆NPO法人放送批評懇談会 第3回通常総会報告

第3回総会で議長を務めた竹内和芳さん(中央)
  去る6月16日定款第25条の規定に従い、通常総会を東京厚生年金会館で午後3時より開催した。
  当日の出席者は、正会員26名、名誉会員1名、委任状提出者は86名、合計113名だった。
  現在の正会員、189名の2分の1(95名)を上回り、定款第28条の規定により、総会は成立した。
  まず、第1号議案・議長に竹内和芳さんを選出、議事進行をお願いした。
  第2号議案・2006年度事業報告を各委員長より報告、第3号議案・収支決算を事務局長より報告、賛成多数で承認された。
  続いて、第4号議案・2007年度事業計画案、第5号議案・2007年度収支予算案を提案し、賛成多数で承認された。
  この間、質疑はなく、議事録署名人2名を選任し、総会の審議は終了。引き続き自由討議に入った。
  まず、鈴木嘉一さんから「GALAC」3月号の投稿・「テレビ月間賞に物申す」がなぜ掲載されたのか、その経緯について質問があった。
  これに小田桐編集長は、会員からの自由なオピニオンを尊重し自分の判断で1頁を捻出した。またテレビ部門音委員長は、当該作品については委員会内で論議があったことを2月号のコラムで報告しており、それ以上に反論することはない、と回答。
  鈴木さんは、論争は是とするが、レベルの高い次元、たとえばリメイクの意味など放懇らしい方向へ持っていって欲しかった、と述べ、さらに合評会の座談会が匿名で掲載されていることに疑問を投げかけた。これは今後、テレビ部門と編集部での検討課題とした。
  ここで、志賀理事長より次のような発言があった。
  「放懇の活動も地上波時代から衛星、ケーブルTVへと移ってきた。今年のギャラクシー賞報道活動部門で、長野県諏訪市のCATV「エルシーブイ」が、選奨を受賞したことがその流れを表している。変化の時代をいち早く捉えた選奨活動のセンスを評価している。私の理事長としての任期はあと1年あり、そして創立45周年を迎える。それまで全力でやるが、46年目からはグランドデザインに基づいた新しい時代へ展開して欲しいと期待している。今年の日韓中テレビ制作者フォーラムは、中国・天津だが、来年2008年は福岡での開催がほぼ決まった。皆さんのご協力をぜひお願いしたい」
  最後に出席者全員が近況報告を行い、午後5時30分に終了。その後同じ会場で約1時間懇親の会を開いた。
◆総会審議の詳細は、例年通り縮刷版にしてお手元にお届けします。ご確認ください。


◆理事会報告
  6月16日通常総会に先立ち開催。

◇「GALAC」9月号について
  特集は「独立U局の現状と未来」その他「1930年代、昭和の漫才台本」など。表紙は、堂本光一。

◇第44回ギャラクシー賞決算
  出席者は、約600名。総経費は、1013万円で、会費収入(339万円)と審査料収入を充当した。
  贈賞式は、長野智子さん、永田俊和さんのテンポ良い司会で快調に進行し、時間を感じさせなかった、と好評。パーティーも最後まで居残った人が例年より多かった。メディアへの露出も昨年並みに取り上げられた(別紙をご覧ください)。
  なお、7月の理事会でギャラクシー賞の選考結果、贈賞式の演出、来年45周年への課題などを討議することとした。

◇退職金引当金のルール化の件
  NPO法人化に伴い、会計に職員の退職金引当金を導入した。毎年一定額を計上する必要があるが、会の収支決算のバランスを考慮し、控え目なルールを設定した。1年間勤務により増加する支払額の70%の2分の1とした(70%とは、自己理由により退職した場合のパーセント)

◇正会員の退会を承認
  田中厳美さん

◇正会員の入会を承認
  松浦大介さん

◇次回の理事会 7月25日(水)6時30分より。

[出席]志賀信夫、音好宏、田代勝彦、小田桐誠、上滝徹也、石井彰、入江たのし、岩本太郎、隈部紀生、坂本衛、篠原俊行、滝野俊一、永田俊和、橋本隆、藤久ミネ、堀木卓也


会議記録

[6月]
4日 出版編集委員会
12日 選奨・ラジオ定例部会
16日 理事会・総会
19日 選奨・CM定例部会
25日 選奨・テレビ月評会
27日 出版編集委員会


ギャラクシー賞マイベストTV賞 2007年6月度投票開始!
  放送批評懇談会の正会員とWeb会員が年間のベスト番組を選出する「ギャラクシー賞マイベストTV賞」。新年度2007年6月度作品の投票を開始します。

  正会員の皆さまは、添付した<正会員専用 投票用紙>でマイベストTV賞の投票にご参加ください。必要事項をご記入のうえ、FAX 03-5379-5510までご返信ください。

  なお放送批評懇談会ホームページ http://www.houkon.jp/ から投票もできます。

  正会員の皆さまの投票をお待ちしています。

ギャラクシー賞マイベストTV賞
月間ノミネート番組発表!

■4月度
NHKスペシャル「日本国憲法 誕生」 NHK
帰ってきた時効警察 テレビ朝日
NHKスペシャル「松田聖子 女性の時代の物語」 NHK
NHKスペシャル「激流中国 富人と農民工」 NHK
 
更新:2008/7/31



プライバシーポリシーこのサイトについてお問い合わせ/MAP